男の着物

☆男物のきもの

男性の正装や準礼装には、紋付き羽織袴をつけるのが基本です。なかでも最も正式な装いが、黒羽二重の無地に染め抜き日向五つ紋付きのきものと羽織、仙台平の袴の装いです。
この装いは慶弔両用に用いられ、いずれも半衿・羽織紐は白が基本です。
黒羽二重のほか紺や茶、グレーといった色無地の羽二重のきものと羽織に仙台平の袴という装い方もあります。五つ紋を付ければ正装、三つ紋や一つ紋なら準礼装になります。
男性のお洒落着は、紬や御召など織りのきものが主流です。
一般的に袴をつけない着流しが気軽です。
羽織は季節によって着分けます。袷の羽織は基本的に4月頃まで、5月~9月頃までは羽織をつけない着流しスタイルになります。5・6月や9月頃の寒い日には紗の羽織を着ることもあります。また、お洒落着の羽織には紋を付けません。
帯は角帯が一般的ですが、家庭でくつろぐ時や着流しには、兵児帯も手軽で便利です。

男の着物


着物の縫製について当店のこだわり

 

当店の仕立ては

全て日本の国家検定1級の資格をもつ手縫いです

 

当ホームページをご覧いただきありがとうございます!

今日は着物の縫製についてお話ししたいと思います。

いろいろな着物が市場に出回っています、高級品や既製品、中古品

など選ぶのも一苦労、、です。

そのときに意外と気にされない方が多いのが、縫製です。

昔は手縫いで丁寧に縫製するのが当たり前でした。しかし、現代になり

安価で簡単な海外で縫製をしたり、ミシンで縫ったりと、、色々な方法

で縫製されております。

しかし、着心地や出来栄えは国内の和裁国家検定1級の資格をもつ

裁縫士が縫製したものと雲泥の差です!

当店の着物は仕立て上がり品もオーダー品もすべて国内の国家検定1級を

もつ裁縫士がお仕立てしています。

着心地が全く違います!着姿も美しく決まります。

ぜひお着物をお求めの際は、縫製にもこだわっていただきたいと思います

 

お仕立て料金表

(袷)

振袖             45,000円~55,000円 

留め袖(比翼付き)      50,000円~60,000円 

訪問着            38,000円~45,000

付下げ            35,000円~38,000

小紋・御召          33,000円~38,000

色紋付            35,000

紬・大島           33,000円~36,000

無形文化財結城紬袷      45,000

道行コート(手縫い)     33,000円 

千代田衿コート(手縫い)   35,000

被布衿コート(手縫い)    37,000

羽織             27,000

長襦袢(無双)        23,500

 

(単衣)

訪問着           32,000円~35,000

付下げ           30,000円~32,000

小紋・御召         28,000円~30,000

色紋付           29,000

紬・大島          28,000

絽・紗           28,000                    

雨コート          28,000

雨コート(二部式)     35,000

 

道行コート(手縫い)    28,000円 

千代田衿コート(手縫い)  32,000

羽織            25,000

長襦袢           22,500

 

  • 紋付きは1,000円プラスに成ります
  • 詳細は右記までどうぞ → 042ー523-1827

 

きものサイズ